沿革

当社の沿革

昭和45年11月 林 遒(現会長)が現本社工場に資本金 2,000万円にて設立。
昭和46年 8月 ICSパイプを開発し、生産を開始する。
昭和48年 6月 資本金3,000万円に増資。
昭和52年 4月 ICS角パイプを開発,商品化する。
昭和54年 4月 資本金4,500万円に増資。
昭和55年 4月 石川県中小企業新製品等開発促進事業費補助金の対象製品に指定される。
昭和58年 4月 松任市中小企業新製品開発等貢献者賞を受賞。
昭和60年 4月 松任市中小企業新製品開発等貢献者賞を受賞。
昭和61年 4月 継目無ICSパイプを開発、商品化するとともに、石川県中小企業新製品等開発促進事業費補助金の対象製品に指定される。
昭和61年 6月 ステンレスパイプの生産を開始する。
平成 元年10月 ステンレスソリッドパイプ専用工場完成。
平成 3年 6月 ステンレスパイプ専用研磨ライン増設。
平成 3年11月 東京営業所開設。
平成 7年 1月 高周波造管ライン新設。
平成10年12月 縦研磨ライン新設。
平成11年 4月 資本金5,000万円に増資。
平成11年11月 大阪営業所開設。
平成13年 3月 寺井工場稼動。
平成13年 5月 寺井工場に真空焼鈍炉設置。
平成17年 7月 資本金5,500万円に増資。
平成18年 1月 大径薄肉管の造管を開始する。
ページ上部へ戻る